top of page

ノンストップライブへの挑戦

L.U.R.Eが2024年4月6日に開催された『ENTER THE LIVE HOUSE』の第2部で、ノンストップライブへの挑戦を開始しました。


■ノンストップライブとは? 対バンイベントなどで20分など限られた時間内で1曲でも多く、パフォーマンスするために、MCなどの時間を削り、出演時間のほぼすべてをパフォーマンスします。

そのため、水を飲んだり、休憩する時間が無く、体力をとても必要とします。

元々、Yamakatsuが得意としていたライブスタイルで、Yamakatsuの最長ノンストップライブは73曲・4時間45分を記録しています。


ノンストップライブは、間髪入れずに曲をつないでいくので、ライブで圧倒的な熱量を発揮することができる反面、曲間でオーディエンスとコミュニケーションが取れないので、一方通行なライブになってしまう危険性もあります。そのため、曲中にしっかりと自身の感情を伝える技術が必要になってきます。


ただ単に曲だけを繋げて行うノンストップライブは、ノンストップライブに非ず!

メンバーの日々の鍛錬と、ファンとの絆が問われるライブスタイルなんです。


そして、私たちのノンストップライブはほとんどの場合、

「セットリスト」を作りません。


セットリストとは、披露する演目を予め決めておく、言わばライブの台本です。

では、それが無いということはどういうことなのか?

メンバーは次にやる曲が分からないということです。

曲のイントロがかかって初めて何の曲か分かります。


では、なぜセットリストを組まないのか?

それは、その会場、イベント、前後のグループなどの出演順、客層、すべてに置いて同じ雰囲気のライブがないからです。

つまり、次にどの曲をやったら会場が盛り上がるのか?などは、その場の空気によって変わるということです。

ノンストップライブは先にお伝えした通り、走り出したら止まることができません。

そのため、セットリストを決めてしまうと、最後まで重たい空気のまま進んでしまう危険性があります。

なので、会場の空気を感じ取りながら、曲を変えていった方が、よりよいライブを披露できる可能性が高いということで、セットリストを作らず、まるでDJのように曲をその場で決めていきます。

つまり、メンバーはほぼすべての曲の振りと歌詞を覚えておく必要があります。


ノンストップライブとノーセットリスト。

この2つを掛け合わせたとき、数10分のライブがまるで1本の映画のような感覚をもたらします。


果たして、彼女達はその領域に辿り着くことができるのでしょうか?

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page